Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

ひごかど の検索結果:

ひごかど higo&kado・細川由紀子さんの竹細工の籠が入荷致しました

大分のひごかど higo&kado・細川由紀子さんより、竹細工の籠が入荷致しました。丁寧に作られた竹の角物は、どのサイズに何を入れようか、ワクワクしますね。どんどん使い込んでいただくと、飴色に変化していくのも楽しみのひとつです。 今回は、4種類のサイズの竹の角物が届いております。 こちらは、蓋付きのタイプ。高さが異なる2種類です。 lunch box(a)280×220×150 ¥12500+税 lunch box(b)280×220×180 ¥14000+税 蓋は片開きにな…

ひごかど(higo&kado)さんの角物の竹かごが入荷致しました

大分県のひごかど(higo&kado)さんより、竹かごが届きました。ひごかどという名前で、細江由紀子さんと川江法子さんのお二人で竹細工を作っており、ワークショップや展示会などを中心にご活躍されています。 角物とは四角形で、胴・蓋・手と別々に組む方法で、制作にも大変時間を要します。真竹を使った竹かごは、その丁寧なお仕事に、うっとりします・・・。ぜひ長く使っていただいて、竹の色がだんだんと変わっていくのも楽しんでいただけましたら嬉しく思います。 今回は、一番大きなサイズのlunc…

ひごかど(higo&kado)さんの角物の竹細工が届きました。

ひごかど(higo&kado)さんの作品のお取り扱いが始まりました! ひごかどさんは、大分県にて、女性お二人で制作されています。 日々の生活に寄り添い 凛とした佇まい そんなものづくりを心がけています。 という思いで、道具としての役割をしっかりと果たすことができる竹かごなど制作されています。丁寧な作業と使いやすい形を追求しながら、竹の道具が日常の生活で身近になるようなモノづくりをされています。 弁当箱、ピクニックかご、ケーキを入れておいたり、裁縫箱など、いろんな道具入れとして…

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。