Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

刺繍の豆敷が届いています。

縫うことがすごい好きな人たちが、つくられた豆敷が届きました。

f:id:Ach-so-ne:20180503120735j:plain

ラオス北部の山岳地帯ルアンナムターには、木綿は種から、絹は蚕から育てて、糸を紡ぎ、それを織って布にするまでのすべてを人の手でつくる少数民族のひとたちがいます。

その方々と一緒に暮らし、みずからのアイディアをくわえてプロデュースし、布をつくっているのが、谷由紀子さん(H.P.E)という、とても素敵な方がゆっくりと時間をかけて広められてきた、布たちがやってきました。

f:id:Ach-so-ne:20180503120907j:plain

実際に布に触れると、手仕事だからこその感触があり、なによりも、素敵なデザインやおもしろみのあるデザイン。試行錯誤しながら、小さな子供からお年寄りまで、それぞれ個性のある刺繍を施されています。

f:id:Ach-so-ne:20180503120911j:plain

H.P.Eのラオスの布」のラオス「豆敷」という、コースターくらいのちいさな敷物は、コースターとしてはもちろん壁に飾っておいても素敵な一枚となっています。

f:id:Ach-so-ne:20180503120834j:plain

f:id:Ach-so-ne:20180503120816j:plain

とても繊細でうつくしい手縫いの技術と面白いデザインと色々です。ちいさな布に凝縮された世界観が素敵な「豆敷」ぜひお手にとってご覧ください。

1枚づづゆっくりと買い足していただけると、とても嬉しいです。

ほかにもタオルや、ストールなどもございます。

少しづつ店頭に並べてゆきご紹介してゆきたいと思います。

 

 

 

 

5月の営業日

f:id:Ach-so-ne:20180419141535j:plain

 

 

6月

黒木泰等・髙田志保 二人展

を予定しております。

f:id:Ach-so-ne:20180412175307j:plain

f:id:Ach-so-ne:20180412175331j:plain

 

Ach so ne -アソネ-

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

(札幌地下東西線西18丁目駅下車 4番出口・5番出口)

HP(展示会などのご案内) ↓

http://www.achsone.jp/

Ach so ne Online Store ↓

http://onlinestore.achsone.jp/

お問い合わせ↓

info@achsone.com

Recruit↓

https://www.achsone.jp/recruit

 

 

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。