読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

小沢賢一さんのカッティングボード

福島県会津で制作されている、小沢賢一さんのくるみの木のカッティングボードです

f:id:Ach-so-ne:20130323110259j:plain

岩手県産のくるみの木を使って、一枚一枚手作りされています。

木目や節の表情も様々な、とても素敵なカッティングボードです。

カッティングボード(中)両面フラット 

15㎝×28㎝(持ち手含む)

 

f:id:Ach-so-ne:20130323110354j:plain

こちらは、片面だけ「彫り」を施しているタイプです。

裏面はフラットなので、用途によって、二通りの表情を楽しめます。

カッティングボード(中)片面彫りあり

15㎝×28㎝(持ち手含む)

 

f:id:Ach-so-ne:20130323110431j:plain

こちらは、(大)サイズ。片面に彫りがあるタイプです。

カッティングボード(大)片面彫りあり

20㎝×28㎝(持ち手含む)

 

f:id:Ach-so-ne:20130323110634j:plain

木の個性に合わせて、ひと彫りひと彫り削っていく為、厚みや表情も様々です。

 

f:id:Ach-so-ne:20130323114654j:plain

カッティングボードとしての役目はもちろん、トレーやお皿変わりにも使えて、大変便利です。

小沢賢一さんのカッティングボードはwebshopでもご購入できます。↓

http://ach-so-ne.muse.weblife.me/cn24/pg148.html

 

福島県会津で制作されている、小沢賢一さん。

小沢さんの手から生まれる、トレーやカッティングボードは、節もあれば、木目も様々な、それぞれの木の個性を活かした作品です。

木は生き物です。

小沢さんの使う無垢(ムク)材は、数十年から数百年のものが多く、その木を製材してから最低3年~10年乾燥する為に寝かせます。木を完全に乾燥させないと木工品が反ったり、ねじれたり、ひびが入ったりするからです。

それから一つ一つ手作りします。

 

おかげさまで、小沢さんのカッティングボード、数が少なくなってきてしまいました。ぜひお手に取ってご覧ください。

 

Ach so ne-アソネー

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

TEL 011-676-5008

(お店の場所が判らないなど、お気軽にお電話ください。右横のHPから移動できます。)

Web Shopはこちらからどうぞ↓

http://ach-so-ne.muse.weblife.me/pg405.html

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。