Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区南2条西24丁目1-10にて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

高木剛さんの高台皿が届ています。

f:id:Ach-so-ne:20210703141131j:plain

onlinestore.achsone.jp

onlinestore.achsone.jp

 

 

7月の企画展

小野哲平 陶展  TEPPEI ONO Exhibition
2021年7月10日(土)-13(火)4日日間 在廊予定|7月10日
12時~18時

深い感性が息づく器。
心揺さぶる器。
すべてを包み込む、小野哲平さんの作品が届きます。

誰しもが、怒涛のような不安に怯えた2020年。
まだ終息は先であるが、
私たちに、これからの希望の道筋を示してくれる作品を
実際に手にとってご覧いただければ幸いです。

小野 哲平 TEPPEI ONO

1958 愛媛県生まれ
1978 備前にて弟子になる
1980 沖縄・知花にて弟子になる
1982 常滑の鯉江良二さんの弟子になる
1984 アジアのタイ・ラオス・インド・ネパール・インドネシア・マレーシアを子連れで行ったり来たりの旅人
1985 常滑の小さな山の中にて窯と仕事場をつくる
1987 タイ・バンコクのシラパコーン美術大学にて制作+展覧会。インド放浪をして8ヶ月を過ごす
1991 マレーシア・マラ工業大学にて制作+展覧会
1997 タイ・ナコーンラチャシマ県のダァンクェーン村の亀の窯にて制作
1998 高知県の谷相、山のてっぺんのライステラス(棚田)の真ん中に移住
2001 3年がかりで薪窯をつくる
2010 村上隆 カイカイキキギャラリー個展
2011 Hidari Zingaro Taipeiにて4人展
2013 G−tokyo,2013 東京ミッドタウンホール出展
2015 作品集「TEPPEI ONO」を出版
2015 沖縄県立芸術大学陶芸科にて非常勤講師を始める
2016 Lost & Foundにて個展(北京)
2016 小器にて個展(台北)
2017 中国版作品集「小野哲平的器物 由土而生」を出版(湖南文芸出版社)
2017  Lost & Foundにて個展(北京)
2017 介末CRAFT GALLERYにて個展(上海)
2017 SARA japanese potteryとDAIICHI ART Galleryにて個展(NY)

 

 f:id:Ach-so-ne:20210524114529j:plain

f:id:Ach-so-ne:20210524114550j:plain

 


<同時展示>
小松美羽 MIWA KOMATSU
展示作品 生死 銅版画(Copperplate print)


現代アーティスト銅版画を、小野哲平さんの作品と同時に展示。
簡単に言語化する事を展示の目的や理由としておりません。ご来場いただきました、お客様個々人の考え方として、ご覧いただけると幸いです。

1984年、長野県坂城町生まれ。
女子美術大学短期大学部卒業。


2014年、出雲大社へ「新・風土記」を奉
納。2015年、有田焼の狛犬作品「天地の守護獣」が大英博物館日本館へ永久展示。2016年、ニューヨー
クにて「The Origin of Life」を発表。同作は4ワールドトレードセンターに常設展示されている。
2017年、東京ガーデンテラス紀尾井町にて個展を開催。9日間で3万人を集客。2018年、北京で開催され
たアートアワード「Tian Gala 天辰 2017」にて「Young Artist of the Year 2017」を受賞

 

 

 

Ach so ne -アソネ-

〒064-0802札幌市中央区南2条西24丁目1-10

TEL/FAX 011-676-5008

 

地下鉄東西線円山公園駅下車 徒歩5分

HP(展示会などのご案内) ↓

https://www.achsone.jp/

Ach so ne Online Store ↓

http://onlinestore.achsone.jp/

お問い合わせ↓

info@achsone.com

 

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。