読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

ドロップレット(お醤油差し)が届いています。

 

f:id:Ach-so-ne:20150816144144j:plain

CITY GUIDEに掲載して頂いた、ドロップレット。

大正から昭和初期に使われたと思われる、「小出し醤油差し」をイメージされて、作りだされたお醤油さしになります。

お醤油の他にも、お酢やラー油、オリーブオイル、ブランデーなど、色々な使い方もできます。

 f:id:Ach-so-ne:20150816144117j:plain

贈り物としても、おすすめです。テーブルにあると、会話に花が咲くお醤油差しです。

ぜひ、お店で使い心地をお試し下さいませ。

f:id:Ach-so-ne:20150816143953j:plain

(※使い方は、過去のブログの写真にてご説明させていただきます。)

f:id:Ach-so-ne:20130727124146j:plain

f:id:Ach-so-ne:20130727124445j:plain

 スポイトの原理で、上にある穴を指で押さえて、お醤油を適量

取り、お皿などの上で穴を離せば、お醤油をたらします。

Droplet ¥3200+税

 ドロップレット(オンラインショップ)

http://www.achsone.jp/glass-products/

 

・Takenobu Igarashi (五十嵐威暢)
彫刻家・デザイナー
1944年北海道滝川市生まれ、多摩美術大学卒業、UCLA大学院修士課程修了。1970年イガラシステュディオを設立。国内外でグラフィック・プロダクト デザイナーとして活動し、その作品はニューヨーク近代美術館MOMA)をはじめ世界各国の美術館に永久保存されています。'94年より米国を拠点に彫刻制作に専念し'04年に札幌駅の時計デザイン、札幌駅JRタワー展望室の彫刻「山河風光」などを手掛け、帰国を決意。現在、故郷滝川市にて、デザイン/アートで町を再生するプロジェクト「NPOArt Challenge TAKIKAWA」を設立し、「五十嵐アート塾」を主宰として活動中。さまざまな、アート、デザイン、活動など、世界的に活躍されています。

 

f:id:Ach-so-ne:20150816144144j:plain

掲載して頂いたCITYGUIDEを無料配布しています(数量限定)

対談も豪華です。

SAPPORO

穂村弘歌人)× 一十三十一(シンガーソングライター)

TOKYO

新井浩文(俳優)× 山本浩司(俳優)

NAGOYA

奥田瑛二(俳優)× 安藤桃子(映画監督)

OSAKA

柴崎友香(作家)× 谷村美月(女優)

FUKUOKA

坂口恭平(作家)× 原田郁子(ミュージシャン)

 

 

 

生活の中の布と鉄 展
2015年9月12日(土)〜16日(水)※お二人の在廊は12日(土)、13日(日)
11:00 〜19:00 ※13日は18:00まで
鉄/鈴木康人 布/鈴木智子

 omotoの暮らしと新月

会期中の日曜日は、新月になります。「omotoの暮らしと新月講」をテーマに、お二人のお話を交えながら、みんなでご飯を食べたり、飲んだり、と楽しいひとときを過ごしていただけましたら幸いです。ぜひ、ご参加下さい。

9月13日(日)19:00〜
2000円(Byrd Parkさんのごはんと、お酒orお茶付 )※要予約

f:id:Ach-so-ne:20150730160509j:plain

f:id:Ach-so-ne:20150730160517j:plain

ご予約はメールからも可能です。↓

お問合わせ of Ach so ne|アソネ|www.achsone.jp

ーAch so ne- アソネー

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

(札幌地下鉄東西線西18丁目駅下車 4番出口・5番出口どちらからでも、徒歩約5分)

営業中は、こちらの看板が出ています!

f:id:Ach-so-ne:20140604114227j:plain

TEL/FAX 011-676-5008

(お店の場所が判らないなど、お気軽にお電話ください。右横のお問合わせからのご注文もできます

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。