読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

黒木泰等さんのポットのご紹介

f:id:Ach-so-ne:20141217133853j:plain

京都にて、作陶をされている黒木平さんの、ポットはどれも自然なやわらかい色合いに仕上がり、持ちやすく、水切れもとても良い仕上がりとなっていて、これからの冬の季節に特に活躍してくれそうです。

f:id:Ach-so-ne:20141217133529j:plain

面取りされたポットは、ぷっくりとしたフォルムが可愛らしく、紅茶をいれたり、お茶いれたりと、1人分にちょうど良いサイズとなっています。

f:id:Ach-so-ne:20141217133324j:plain

f:id:Ach-so-ne:20141217133357j:plain

f:id:Ach-so-ne:20141217133344j:plain

f:id:Ach-so-ne:20141217133456j:plain

水切れも良く、注ぎ口も個性的な形で可愛らしい感じに仕上がっています!

黒木泰等 面取りポット ¥10000+税

 

f:id:Ach-so-ne:20141217133431j:plain

こちらは、すこしスリムな形の灰秞ポットになります。

面取りポットと比べると、高さありスッキリとしたデザインに仕上がっていて、すこしカッコ良さが引き立つイメージを受取ることのできる、素敵なフォルムとなっています。

f:id:Ach-so-ne:20141217133510j:plain

f:id:Ach-so-ne:20141217133440j:plain

f:id:Ach-so-ne:20141217134121j:plain

釉薬の掛か具合が、ツルツルした質感と調和していてとても素敵です。

黒木泰等 灰釉ポット ¥10000+税

 

ーAch so ne-アソネー

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

(札幌地下鉄東西線西18丁目駅下車 4番出口・5番出口どちらからでも、徒歩約5分)

営業中は、こちらの看板が出ています!

f:id:Ach-so-ne:20140604114227j:plain

TEL/FAX 011-676-5008

(お店の場所が判らないなど、お気軽にお電話ください。右横のお問合わせからのご注文もできます。)

 

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。