読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

安部太一陶展の作品が届きました。

5月10日(土曜日)から、開催させていただく、

安部太一さんの『うつわ』たちが、届いています。

会期前ですが、少しだけお写真にてご紹介させていただきます。

f:id:Ach-so-ne:20140508150000j:plain

f:id:Ach-so-ne:20140508150138j:plain

f:id:Ach-so-ne:20140508150430j:plain

f:id:Ach-so-ne:20140508150337j:plain

f:id:Ach-so-ne:20140508151355j:plain

f:id:Ach-so-ne:20140508152104j:plain

存在感と静かな雰囲気を持ち合わせた『うつわ』です。

 

安部太一陶展(葉書)

安部太一(陶芸家)うつわ

椿野恵理子(フォトエッセイスト) 写真 

f:id:Ach-so-ne:20140410132914j:plain

f:id:Ach-so-ne:20140410133230j:plain

 

********************************************************************

制作への思いを
言葉で表現することは
とても難しいと感じますが
人が心の中に持つ
それぞれの情感に
優しく響くような空気感を
作品に持たせたい
そこに意識を置いて
深めていきたいと思います
 
※安部太一さんHPより、転記させて頂いております。
********************************************************************
先日、作品が届いてから、安部太一さんとお電話をし、お話をさせて頂く機会がありました。
HPから転記させて頂いた文章そのものの人柄だなぁと感じました。
言葉や文章では、伝えることの難しさがあること、とても共感しています。
そして、言葉や文章では、感じ取ることの難しいことも存在すると思います。
5月10日(土曜日)から始まる、安部太一陶展では、
安部さんの作品を、実際に見たり・触れたりできる機会となっています。
ぜひ、ご自分の五感で、安部太一さんの作品の空気感を感じ取ってみて下さい。
ご来場お待ちしております。
 

 

Ach so ne-アソネー

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

TEL 011-676-5008

(お店の場所が判らないなど、お気軽にお電話ください。右横のHPから移動できます。)

Web Shopはこちらからどうぞ↓

 
弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。