読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

でく工房さんのガラスの作品が入荷致しました

三重県伊勢市のガラス工房、「でく工房」さんより、ガラスの作品が届きました

f:id:Ach-so-ne:20130419113303j:plain

でく工房の中村一也さんの作るガラスは、廃ビンを使ったリサイクルガラスで出来ています。廃ビンでも、種類が違えば微妙に色が異なり、それを混ぜて作るため、ひとつひとつ表情が違う、世界にひとつだけのガラスとなります。

廃ビンならではの、深み、温かみを持った独特の柔らかい雰囲気を、ぜひ感じてみて下さい。

 

f:id:Ach-so-ne:20130419113604j:plain

コロンと丸い形ですが、手に馴染み、飲み口も薄くなって

いるので、口あたりもよいグラスです。

レトロコップ 2,100円(税込)

 

f:id:Ach-so-ne:20130419113743j:plain

海の水面をイメージして作られたそうです。

漣丸ロック 2,310円(税込)

 

f:id:Ach-so-ne:20130419114414j:plain

大正、昭和頃のグラスをイメージして、作られたそうです。

スリムグラス 2,100円(税込)

 

三重県伊勢市にある、「吹きガラス でく工房」中村一也さんより、ガラスのコップやお皿、菓子瓶などが届きました。

丁寧に包まれた新聞紙の中から、うっすらとグリーンがかったガラスの作品を取り出す瞬間は、ドキドキとワクワクが最高潮になります。

「ガラスを手にとって使って欲しいから、 普段使いできるようなシンプルで使いやすく、生活とつながりの ある製品作りを意識しています。」という中村さん。

お茶、ジュース、ソーダ、お酒・・・、毎日使いたくなるような、でく工房さんのグラスとコップはいかがでしょうか。

 

Ach so ne-アソネー

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

TEL 011-676-5008

(お店の場所が判らないなど、お気軽にお電話ください。右横のHPからに移動できます。)

Web Shopはこちらから↓

http://ach-so-ne.muse.weblife.me/pg405.html

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。