読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

清岡幸道さんの、耐火フライパンが入荷致しました

清岡幸道さんより、耐火フライパンが届きました

 f:id:Ach-so-ne:20140405122542j:plain

こちらも、楽しみに待っていました!清岡さんの、耐火フライパン。

耐火性に優れた信楽の土を使った、直火やオーブンもOKの、陶器のフライパンです。

サイズは2種類届いています。

耐火フライパン(小) ¥3500+税

耐火フライパン(中) ¥4200+税

 

f:id:Ach-so-ne:20140405123144j:plain

目玉焼き、パンケーキ、ハンバーグ、グラタン、炒め物・・・、熱々のお料理を食卓までそのまま運べます。

 

f:id:Ach-so-ne:20140405123337j:plain

 一見、黒ですが、茶色っぽくも見えたりと、味わいのあるフライパンです。

使い込んでいくうちに、どんどん馴染んで、ツヤが出てきます。

清岡さんの使い込んだフライパンを見せていただきましたが、色や質感が全然違って、清岡さんならではの味のあるフライパンへと変化しておりました。

 

f:id:Ach-so-ne:20140405123300j:plain

裏側の茶色も、陶器ならではの土っぽさも感じられます。

ぜひ、毎日使って、自分のフライパンに育てていって下さい。

 

せっかく、雪が溶けたと思ったら、また外は雪が斜めに降っています・・・。

連日、消費税増税に関する作業に追われていますが、そんな中、作家さん達から嬉しい納品の荷物も続々と届いています!

滋賀県の清岡幸道さんからは、耐火フライパンが届きました。

耐火性の土を使った、陶器のフライパンは、フォルムも素敵で、調理してそのまま食卓に出せるところも、大変便利。

じゃがいものグタランとか、納豆オムレツとか、ソーセージとか、作りたての熱々をそのまま出されたら嬉しいなぁ・・・。

使い込んでいくうちに、だんだんと光沢も出て、また違った表情になっていくのも楽しみですよね。

サイズは2種類ございますので、どうぞお手に取ってご覧くださいませ。

 

 

Ach so ne  ーアソネー

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

TEL 011-676-5008

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。