Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

本日より、馬場勝文陶展開催です

本日より、いよいよ馬場勝文陶展開催です!本日は、福岡から馬場さんもいらっしゃって、在廊して下さいますので、ぜひ馬場さんにも会いにいらして下さいね。

台風が近づいてきておりますので、ご来店、またはお帰りの際は、どうかお気を付けて。

また、整理券の配布ですが、お並びいただいている方もいらっしゃいますので、本日、店頭入口にて、午前10時から整理券をお配り致します。

整理券に入店時間が記載されておりますので、そちらのお時間にお越しください。

整理券はお一人様一枚とさせていただきます。

整理券をお持ちの方のみ、ご入場、ご購入いただけます。

整理券をお持ちではないお客様の、ご入場が可能なお時間につきましては、わかり次第お知らせさせていただきます。

一部商品につきましては、お一人様1点までの制限を設けさせていただくものもございますので、何卒ご了承お願い申し上げます。

会期中初日は、クレジットカードは3万円以上(税抜き)からご利用いただけますが、混雑緩和の為、現金でのお支払いにご協力いただけますと幸いです。

2日目以降は、クレジットカードご決済は1万円以上(税抜き)からのご利用いただけます。

初日は、ギフトラッピングをお受けする事ができませんので、予めご了承下さいませ。

それでは、皆様のお越しを、心よりお待ち申し上げます。どうぞ、宜しくお願い致します。

f:id:Ach-so-ne:20180823152502j:plain

オーバルのお皿もサイズ4種類。

f:id:Ach-so-ne:20180823150454j:plain

蓋付きミルクパンやスープパン、土鍋なども届いております。ミルクパンは、左利き用もございます。

f:id:Ach-so-ne:20180823150926j:plain

急須は、小さめのお煎茶用のものなども。

f:id:Ach-so-ne:20180823150828j:plain

シュガーポットや薬味入れなど。

f:id:Ach-so-ne:20180823151054j:plain

湯呑やフリーカップなど、急須と合わせても。

f:id:Ach-so-ne:20180823152100j:plain

土マットの器もございます。

f:id:Ach-so-ne:20180823150423j:plain

塩つぼ、砂糖つぼ、お醤油差しなども。

f:id:Ach-so-ne:20180823150035j:plain

黒釉の器も。

f:id:Ach-so-ne:20180823150336j:plain

コーヒードリッパーやピッチャーなども。セットでどうぞ。

f:id:Ach-so-ne:20180823150552j:plain

ご飯炊き鍋なども届いております。

f:id:Ach-so-ne:20180823152711j:plain

耐熱のグラタン皿なども。

f:id:Ach-so-ne:20180823151543j:plain

耐熱は白のタイプもございます。

 

 

 f:id:Ach-so-ne:20180730161104j:plain

f:id:Ach-so-ne:20180730161113j:plain

馬場勝文 陶展

Katsufumi Baba Exhibition

2018.8/24-9/2

会期中無休 11:00~18:00 馬場さん在廊予定:初日

福岡県にて作陶活動をされている、「馬場勝文」さんの作品が並びます。
劇的な変化よりも、微妙に変化をもたせた本質的な美しさを感じさせてくれる器が届きます。
是非、足をお運びください。

 

8月の営業日

 

f:id:Ach-so-ne:20180710155202j:plain

 

Ach so ne -アソネ-

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

(札幌地下東西線西18丁目駅下車 4番出口・5番出口)

HP(展示会などのご案内) ↓

http://www.achsone.jp/

Ach so ne Online Store ↓

http://onlinestore.achsone.jp/

お問い合わせ↓

info@achsone.com

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。