Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

小沢賢一さんのカッティングボード・ミニロング(彫)が届いています。

 

 

f:id:Ach-so-ne:20180510113745j:plain

小さな器を置いて、ディスプレイもできてしまう、小沢賢一さんのカッティングボード

が届きました。テーブルのアクセントにもなる可愛らしいカッティングボードです。

小沢賢一 カッティングボードミニロング(彫) ¥2778+税(税込¥3000)

 

f:id:Ach-so-ne:20180510113725j:plain

小鉢もぴったりのサイズで、食卓を華やかにしてくれます。

f:id:Ach-so-ne:20180510113422j:plain

豆皿も、さらに可愛らしい雰囲気になります。

ピッチャー、スプーンを乗せるトレーのようにしても、

チーズなどおつまみを乗せても素敵な、サイズ感です。

f:id:Ach-so-ne:20180510113549j:plain

シュガーポット置きにも。

馬場勝文 シュガーポット

小沢賢一 カッティングボードミニロング(彫) ¥2778+税(税込¥3000)

オンラインショップでも販売中です!

小沢賢一 通販↓

http://onlinestore.achsone.jp/shopbrand/kenichiozawa/

 

最近お客様から、店頭と通販についてのご質問が多く、この場を借りてお知らせをさせていただきます。

オープン当初より、店頭販売と通販を同時並行で行っております。お店にて、直接ご覧になり、ご購入いただいたり、ご遠方の方には通販でご対応を行ったりと色々な販売方法にて、ご案内をさせていただいております。現在も、店頭販売と通販の在庫は異なる商品が多数ございます。

少人数で運営をしているため、オンラインショップではSOLD OUTになっている作品・商品や、または店頭販売のみの作品(作家さんのご意向や、当店の意向により、オンラインショップ不可の作品・商品)も、多数お取扱いをしております。そのため、通販ご希望のお品物が店頭に並んでいることもございます。ご来店いただきたお客様用に楽しんでいただきたく、在庫を調整している作品・商品となります。お問い合わせいただいた場合には通販ご対応を行っている作品・商品もございます。

また、それとは反対にオンライショップ限定の作品・商品もございます。店頭と通販の境が、お客様にとって不明確な部分があり、ご不便ご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございません。どちらも、できる限りご対応してを行っておりますが、誠に申し訳ございませんが、現在スタッフが不足しており、ご対応の遅れやご対応ができかねる事がございます。

特に、SNS経由(インスタグラム・フェイスブック)のメッセージは、気づかぬ事や失念してしまうこともございます。ご対応できる範囲が限られております。ご返信がない場合は、再度ご連絡いただくかお問い合わせをお願いいたします。

ご購入の意思がはっきりしているお問い合わせの場合は、ご購入の旨を先にお伝えいただけると、ご対応がスムーズとなります。もちろんお問い合わせのみも受け付けております。

ご不便ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解ご了承お願い申し上げます。

店舗と通販(オンラインショップ)合わせてご利用いただけると幸いです。

 

 

 

5月の営業日

f:id:Ach-so-ne:20180419141535j:plain

 

 

6月

黒木泰等・髙田志保 二人展

を予定しております。

f:id:Ach-so-ne:20180412175307j:plain

f:id:Ach-so-ne:20180412175331j:plain

 

Ach so ne -アソネ-

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

(札幌地下東西線西18丁目駅下車 4番出口・5番出口)

HP(展示会などのご案内) ↓

http://www.achsone.jp/

Ach so ne Online Store ↓

http://onlinestore.achsone.jp/

お問い合わせ↓

info@achsone.com

Recruit↓

https://www.achsone.jp/recruit

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。