Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

谷井直人陶展 明日(9/23土)より開催いたします。

「谷井直人陶展」明日9/23(土)より開催いたします。

明日は、14時頃以降、滋賀県信楽より谷井さんが在廊予定となっております。

日曜日は飛行機の時間帯もあり、終日ではありませんが、

出来る限り在廊をして下さいます。

この機会に合わせて、ぜひ、ご来場下さい!

f:id:Ach-so-ne:20170909103833j:plain

滋賀県信楽にて、土の味わいを大切に

ひとつひとつ手仕事にて制作されている、  

陶芸家「谷井直人」さんの、心地の良い雰囲気と、存在感ある佇まいを兼備えた、

暮らしの「器」が並びます。是非、足をお運び下さい。

※会期中の展示品に限り、『クレジットカード』決済ご対応不可となります。

何卒ご了承下さいませ。

 

 

ほんの一部になりますが、届いた作品をお写真にてご参照ください。

f:id:Ach-so-ne:20170922164627j:plain

谷井直人 白 ふたもの ¥3600+税

f:id:Ach-so-ne:20170922161441j:plain

谷井直人 白×シルバー デザートカップ ¥3200+税

f:id:Ach-so-ne:20170922164844j:plain

谷井直人 白×シルバー 鉢(三角) ¥7000+税

f:id:Ach-so-ne:20170922164715j:plain

谷井直人 シルバー 大皿(縞) ¥12000+税

f:id:Ach-so-ne:20170920134113j:plain

谷井直人 シルバー デザートカップ ¥3200+税

f:id:Ach-so-ne:20170920134019j:plain

谷井直人 白×黒 マグカップ ¥2400+税

f:id:Ach-so-ne:20170920134047j:plain

谷井直人 白×黒 マグカップ ¥2400+税

f:id:Ach-so-ne:20170920134246j:plain

谷井直人 黒×シルバー マグカップ ¥2800+税

f:id:Ach-so-ne:20170920134313j:plain

谷井直人 黒×シルバー マグカップ ¥2800+税

f:id:Ach-so-ne:20170920134408j:plain

谷井直人 白×黒 銅鐸鉢(耳付き) ¥2800+税

 

f:id:Ach-so-ne:20170922165223j:plain

f:id:Ach-so-ne:20170922165232j:plain

谷井直人 黒ピッチャー(ドット) ¥6000+税

谷井直人 白×黒ピッチャー ¥4800+税

谷井直人 白 花皿 ¥4800+税

谷井直人 黒 大鉢(リム・ドット) ¥6500+税f:id:Ach-so-ne:20170922165151j:plain

 

f:id:Ach-so-ne:20170922165156j:plain

f:id:Ach-so-ne:20170922165200j:plain

f:id:Ach-so-ne:20170922165206j:plain

ご来場お待ちしております。

 

 

谷井直人 陶展

Naoto Tanii Exhibition

2017年9月23日(土)~10月1日(日) 会期中無休

11時~18時f:id:Ach-so-ne:20170909103833j:plain

f:id:Ach-so-ne:20170909103856j:plain

 

 

f:id:Ach-so-ne:20170911160214j:plain

 

 

Ach so ne -アソネ-

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

(札幌地下鉄東西線西18丁目駅下車 4番出口・5番出口)

HP ↓

http://www.achsone.jp/

Ach so ne Online Store ↓

http://onlinestore.achsone.jp/ 

f:id:Ach-so-ne:20140604114227j:plain

TEL/FAX 011-676-500

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。