Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

張正さんの豆絞りが入荷致しました

愛知県の張正さんより、有松・鳴海絞りの豆絞りが届きました。

現在、型を使った染物や、プリントなどが主流になっておりますが、張正さんの豆絞りの手ぬぐいは、生地を細かく折りたたんで、万力で板の間に締め込み、染めを施すという手間のかかる技法「板締絞り」によって染められています。万力を使った締め付け作業は2人がかり。季節や布の状態で出来が変わる為、豆模様も一点物です。月に作られる数も限られています。板締めで染められる豆絞りは技術と共に一時途絶えてしまいますが、昭和30年に張正さんが試行錯誤の上に復刻されました。今では本来の板締めの技術で豆絞りをつくっているのは張正さんだけになります。どうぞ、お手に取ってご覧下さいませ。

f:id:Ach-so-ne:20170602151026j:plain

おしぼりやハンカチ、キッチンタオル、お弁当を包んだり、カゴの目隠しとしてなどなど、使い方は様々です。もちろん、お祭り時期には、頭にきゅっと巻いても!

豆絞り ¥1200+税

f:id:Ach-so-ne:20170602151343j:plain

板締絞りの手ぬぐいは、豆の大きさが不揃いだったり、列が乱れたり、にじみやかすれあったりと、模様の入り方が不均一。それが、この手ぬぐいの特徴であり美しさです。f:id:Ach-so-ne:20170616141851j:plain

サイズは、約35×87~90cm。

f:id:Ach-so-ne:20170616135453j:plain

日本らしい、味わいのあるパッケージ。歌舞伎役者さんが愛用する他、女性にも人気の豆絞り。外国の方への贈り物にもいいですね。

 オンラインストアでもお買い求めいただけます。↓

豆絞(水玉)

 

2017.6/23(金)~7/2(日) SHOE&SEWN 展  靴のオーダー会

f:id:Ach-so-ne:20170610121852j:plain

6/23(金)初日 12:00~20:00

6/24~7/2     11:00~18:00

森本さん在廊予定:6/24(土)、6/25(日)

会期中 6/28(水)お休み  

 

f:id:Ach-so-ne:20170517163927j:plain

f:id:Ach-so-ne:20170613155642j:plain

  

Ach so ne -アソネ-

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

(札幌地下鉄東西線西18丁目駅下車 4番出口・5番出口)

HP ↓

http://www.achsone.jp/

Ach so ne Online Store ↓

http://onlinestore.achsone.jp/ 

f:id:Ach-so-ne:20140604114227j:plain

TEL/FAX 011-676-5008

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。