読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

小塚普哉さんの作品のお取り扱いがはじまりました。

京都にて、木の器たちをつくられている、小塚普哉さんのオーバル皿が届きました。

f:id:Ach-so-ne:20151226122834j:plain

日常使いの器やカトラリーを主に製作されており、気兼ねなく使って頂くために、使いやすさと、見た目の美しさにも、こだわって作られています。

見た目の美しさも追及していらっしゃいますが、華美にならないように、毎日使う事ができて、飽きることのない「モノ」を製作しようと、心がけて作られている感じが、作品から伝わってきます。

f:id:Ach-so-ne:20151226122511j:plain

リム皿オーバルの小さいサイズは、「デザートプレート」として、ちょうど良い大きさになります。ケーキをのせて盛り付けたりと、とても活躍してくれそうです。

小塚普哉 リム皿オーバルS ウォルナット ¥6500+税

おおよそのサイズ:15cm×21.5cm×H3cm

f:id:Ach-so-ne:20151226122458j:plain

リム皿オーバルMサイズは パスタやカレー皿などを盛り付けるのに最適です。 パスタソースやカレーソースなどの色じみは、きれいに洗って、風通しの良い場所でしっかりと乾かして頂ければ、ほとんど気にならない状態になります。すべての器に言える事ですが、使うことによって、だんだんと育ってゆくので、経年による表情の味わいを楽しみながら育ててほしい、木の器となっています。

f:id:Ach-so-ne:20151226122203j:plain

小塚普哉 リム皿オーバルM 桜 ¥8000+税

おおよそのサイズ:15cm×21.5cm×H3cm

f:id:Ach-so-ne:20151226122220j:plain

小塚普哉 リム皿オーバルM ウォルナット ¥8000+税

おおよそのサイズ:15cm×21.5cm×H3cm

 

小塚普哉さんの作品も、1年以上待ったので、今回も嬉しい仲間入りです!! 小塚さんの思いの伝わってくる木の作品をお手に取ってみて下さいね!

 

中津箒の横畑さん作の安産箒も届いています

f:id:Ach-so-ne:20151226123111j:plain

箒は古来より掃除の道具としての役割のほかに、おまじないとして、箒は古来より、掃除の道具としての役割のほかに、おまじないとして”袚い、清める”という役割を担ってきました。出産にまつわるご利益もあるとされ、安産祈願のお守りとして、おろしたての新しい箒で妊婦さんのおなかを撫でるとお産が軽くなると言われています。母子ともに健やかでいられるように、願いを込めて作られています。また、お子様が成長されましたら、勉強机のお掃除にお役立て下さい。無農薬で栽培した草を使っておりますので、安心してご使用いただけます。妊婦さんへの贈り物にどうぞ。可愛い晒袋もついています。お色は、赤・青系・ピンク系もあります!

f:id:Ach-so-ne:20151226123130j:plain

中津箒(製作:横畠) 安産箒 ¥2050+税 

おおよそのサイズ 3cm×8cm

 

新年を迎えるのに、ぴったりの魔除け箒もあります。

明日以降またご紹介いたします!

 

※オンラインショップご利用のお客様への配送についてのお知らせ。

12月26日までご注文分まで年内にご発送させていただきます。12月27日以降のご注文分につきましては1月8日から随時ご発送となります。お急ぎのところ誠に申し訳ございませんが、ご了承お願い申し上げます。

年末年始は12/30~1/7までお休みをいただきます。

 

ーAch so ne-アソネー

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

(札幌地下鉄東西線西18丁目駅下車 4番出口・5番出口どちらからでも、徒歩約5分)

f:id:Ach-so-ne:20140604114227j:plain

TEL/FAX 011-676-5008

(お店の場所が判らないなど、お気軽にお電話ください。右横のお問合わせからのご注文もできます。)

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。