読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

ひごかど(higo&kado)さんの角物の竹かごが入荷致しました

 大分県のひごかど(higo&kado)さんより、竹かごが届きました。ひごかどという名前で、細江由紀子さんと川江法子さんのお二人で竹細工を作っており、ワークショップや展示会などを中心にご活躍されています。

角物とは四角形で、胴・蓋・手と別々に組む方法で、制作にも大変時間を要します。真竹を使った竹かごは、その丁寧なお仕事に、うっとりします・・・。ぜひ長く使っていただいて、竹の色がだんだんと変わっていくのも楽しんでいただけましたら嬉しく思います。 

f:id:Ach-so-ne:20151213145531j:plain

今回は、一番大きなサイズのlunch boxも。片開きの蓋付きのタイプです。

330×230×210 ¥19000+税

f:id:Ach-so-ne:20151213145555j:plain

こちらのタイプは、持ち手が藤巻のタイプになります。オーダーの際も、通常の持ち手と藤巻のタイプでお選びいただけます。(持ち手藤巻・・・追加料金2000円)

f:id:Ach-so-ne:20151213154931j:plain

大きさ、高さもあるので、お茶道具を入れたり、お弁当を入れてピクニックに持っていったり、お裁縫道具を入れたり。

f:id:Ach-so-ne:20151213145619j:plain

こちらは蓋なしのタイプ。高さのあるものも入れる事が出来ます。

330×230×140 ¥11000+税

f:id:Ach-so-ne:20151213155048j:plain

蓋がないので、普段よく使う布物や、靴下などの収納にも。パティシエさんは、焼き菓子を入れて配達用かごとして使われていたり、パンを買いに行くときにパンかごとして使用している方なども。

f:id:Ach-so-ne:20151213145716j:plain

小ぶりな長方形のタイプもございます。こちらも蓋なし。

200×150×120 ¥5800+税

f:id:Ach-so-ne:20151213155155j:plain

 小ぶりな大きさは、化粧品を入れたり、CD整理、おちょこととっくりを入れて晩酌セット入れなどにも。山にきのこを取りに行く時に、きのこ入れとして使っている方も。お好きなサイズ、お好きな用途で、お使い下さいませ。

 

 

Ach so ne-アソネー

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

(札幌地下鉄東西線西18丁目駅下車 4番出口・5番出口どちらからでも、徒歩約5分)

HP http://www.achsone.jp/

f:id:Ach-so-ne:20140604114227j:plain

TEL/FAX 011-676-5008

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。