読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

日々のガラス展に届いた作品のご紹介。(3日目)

 f:id:Ach-so-ne:20150712140544j:plain

yokoyano Earrings ¥8400+tax

耐熱ガラスを溶かして、丁寧に時間をかけて、網の目状に1つ1つ繫ぎ合わせたイヤリングになります。光が当たるとキラキラときれいに反射する矢野さんのイヤリングは、夏にもピッタリの涼しげな雰囲気も魅力的です。

f:id:Ach-so-ne:20150712140517j:plain

f:id:Ach-so-ne:20150712140849j:plain

yoko yano Earrings Rain Shot¥7000+tax

こちらは、水滴が1つ1つ切り取られ繋げられたようなイヤリングになります。

雨が映し出す透明な水滴が、重力で上から下へと落ちてゆく瞬間を切取ったようなイヤリング。

こちらも光がきれいに反射する素敵なイヤリングになっています。

矢野容子さんのアクセサリーは、今回の展示会でもオーダー可能でございます。

来月からはアメリカへ展示会に行かれるので、10月以降の仕上がりとなります。

もちろん展示作品も販売しております!

 

f:id:Ach-so-ne:20150712154200j:plain

小国香織     花入(ノビノビ)¥2400+tax

細長い形状で茎を残して、お花を挿して飾れる花入れになります。

壁にかけてディスプレイもできます。一輪挿しとしてお使いいただけるので、茎の長めのお花を簡単に生け込みできます。日々の茎の切り戻しとお水の入れ替えも簡単に出来てしまいます。茎が見えるガラス部分も、小国さんの特徴の気泡がきれいに感じ取られるので、炭酸水の中に生け込んでいるように見える、とても可愛らしい花器に仕上がっています。

 

f:id:Ach-so-ne:20150712174322j:plain

津村里佳 ニワタヅミ 4200+tax

作品名の「ニワタヅミ」は、雨が降ったりして、地上にたまり流れる水のことをさす言葉のようです。

雨を受け止めて、とどめているようなイメージの花器は、時間をゆっくりと感じさせてくれるガラス作品に仕上がっています。

 

f:id:Ach-so-ne:20150712180427j:plain

中村一也 小カップ ¥2000+税

シンプルで小さなコップになります。手に持った感じとサイズ感の良いバランスのとれたコップです。8~9分目で120mlなので、こまめに水分を取りたい方にピッタリのサイズです。少しだけコーヒーを飲んでカフェインをとりたいときにぴったりにも感じます。

f:id:Ach-so-ne:20150712180314j:plain

自家焙煎珈琲プシプシーナさんの水だしコーヒーが届いています!

水だしコーヒー ¥1300+税

 

 

f:id:Ach-so-ne:20150617150810j:plain

「日々のガラス展」

7月10日(金)~7月14日(火)まで。

11時~18時30まで 会期中無休

◆参加作家◆

小国香織 (うつわ・花器・アクセサリーなど)7月13日・14日在廊予定

津村里佳 (うつわ・花器など)

中村一也 (うつわ・花器など)

矢野容子 (アクセサリーなど)

※順不同

ガラス素材を生かして、日々の生活とガラスをより身近に。

揺らいだガラスの表面・手仕事で仕上げる均一ではない形の魅力。

日々の生活で使いたい「四人の作家」さんのガラス作品が届いています。

ご来場おまちしております。

f:id:Ach-so-ne:20150617153056j:plain

 

ーAch so ne-アソネー

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

(札幌地下鉄東西線西18丁目駅下車 4番出口・5番出口どちらからでも、徒歩約5分)

営業中は、こちらの看板が出ています!

f:id:Ach-so-ne:20140604114227j:plain

TEL/FAX 011-676-5008

(お店の場所が判らないなど、お気軽にお電話ください。右横のお問合わせからのご注文もできます。)

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。