読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

アケビや山ぶどうの手提げ籠が入荷致しました

福島県の奥会津から、これからの季節にもぴったりの、アケビや山ぶどうの手提げ籠が入荷致しました。和洋問わず、お使いいただけます。

f:id:Ach-so-ne:20150620134133j:plain

9月くらいから雪が降る前まで3カ月くらい、毎日山へ入ってアケビを採り、葉や根を処理し、1か月ほど陰干しをします。アケビの節は、乾くと尖って危ないので、きれいに処理し、最後にしっかり手で丁寧に丁寧に触るのだそう。そうして綺麗に編まれたみだれ編みの籠は、軽くて見た目よりも丈夫。使っていくうちに、ツヤも出ていい味が出てきます。こちらは、内側に布が貼られています。

アケビ手提げ籠 ¥24,000+税

f:id:Ach-so-ne:20150620134148j:plain

持ち手部分が大き目なので、腕にかけたり、肩にかけたりも。

f:id:Ach-so-ne:20150620134215j:plain

こちらのみだれ編みの籠は、布がついていないので、ご自分でお好きなスカーフや布などを入れて、その時々で表情を変えてお楽しみいただけます。マチもあるので、収納力もあります。

アケビ手提げ籠 ¥20,000+税

f:id:Ach-so-ne:20150620134309j:plain

昔から、山中での厳しい作業に耐える頑丈な籠としてつくられてきた山ブドウ細工。地域の高齢者の方達が農閑期を中心に制作しており、材料の確保も非常に困難なものですので、年間を通しても一人の制作者が製作する数は限定されてしまいます。今回も、少量ですが、山ぶどうの手提げ籠が届きました。使い続けていくと、どんどん艶が出て、いい色に育っていきます。決してお安くはありませんが、丈夫な山ぶどうは、親子三代でも使えると言われているほど。網目や作りも、うっとりするほど美しい籠です。どちらも内布がついています。ぜひ、お手に取ってご覧くださいませ。

山ぶどう手提げ籠 ¥80,000+税

f:id:Ach-so-ne:20150620134339j:plain

山ぶどう手提げ籠 ¥80,000+税

 

山ぶどうカゴ(OnlineStore)↓...
http://www.achsone.jp/sturuzaiku_takezaiku/index.html

 

ーAch so ne-アソネー

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

(札幌地下鉄東西線西18丁目駅下車 4番出口・5番出口どちらからでも、徒歩約5分)

f:id:Ach-so-ne:20140604114227j:plain

TEL/FAX 011-676-5008

(お店の場所が判らないなど、お気軽にお電話ください。右横のお問合わせからのご注文もできます。)

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。