読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

日高伸治さんの器が入荷致しました

f:id:Ach-so-ne:20150206131406j:plain

このたび、新しくお取扱いさせていただく事になりました、岐阜県の日高伸治さんより、猪口や湯呑み、お皿などが届きました。新しいのに、どこか寂びた感じも漂う日高さんの器。猪口と湯呑みは、お茶やお酒が美味しく飲めそうです。

安南そば猪口 ¥2400+税

白磁湯呑み ¥2000+税

 

f:id:Ach-so-ne:20150206131720j:plain

かっこいい、板皿と茶托も。板皿は、お酒のアテをのせたり、ケーキや和菓子などを盛りつけても。茶托は、裏側もまたかっこいいのです!生漆に、真鍮の粉を混ぜたものを塗っていて、裏側もいちいち人に見せたくなりますね。小皿として使っても。

炭化板皿(正方形)¥3600+税

炭化板皿(長方形)¥3200+税

炭化茶托(真鍮彩)¥1500+税

 

f:id:Ach-so-ne:20150206130954j:plain

白磁の酒器なども。シンプルな形が綺麗な徳利は、今の季節熱燗にぴったり。すらりとした注ぎ口が素敵な注器は、お酒はもちろん、お出汁やめんつゆなどを入れても。

白磁ぐい呑み ¥2600+税

白磁注器 ¥5800+税

白磁徳利 ¥4000+税

 

f:id:Ach-so-ne:20150206131137j:plain

こちらの可愛らしい小さなサイズの猪口は、日高さんの奥様が絵付けをされています。う~ん、どれも可愛い・・・。絵柄がそれぞれ異なるので、お気に入りのものをお選びくださいませ。

染付のぞき猪口 ¥2300+税

 

はじめましての作家さん、日高伸治さんより、器が色々と届きました。

気軽に使えて、使うほどに風合いが増す、そんな器作りを目指して作陶されていらっしゃいます。

日高さんの器は、新しいのに、どこか骨董のような佇まいのものもあったりと、バリエーションも多くて、どれもかっこいいのです。毎日、どんどん使って、どんどん味わい深くなっていく様子も楽しんでいただけると嬉しいです。

写真以外にも、白磁や緑釉のお皿や鉢なども届いております。こちらは、また改めてご紹介させていただきますね。

1点物のものもございますので、どうぞお手に取ってごゆっくりとご覧くださいませ。

 

ーAch so ne-アソネー

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

(札幌地下鉄東西線西18丁目駅下車 4番出口・5番出口どちらからでも、徒歩約5分)

営業中は、こちらの看板が出ています!

f:id:Ach-so-ne:20140604114227j:plain

TEL/FAX 011-676-5008

(お店の場所が判らないなど、お気軽にお電話ください。右横のお問合わせからのご注文もできます。)

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。