読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

天の製茶園さんの「天の紅茶」

f:id:Ach-so-ne:20141019130559j:plain

札幌もだいぶ寒くなってきて、暖かいお茶が恋しいこの時期、熊本県水俣市で、無農薬、無化学肥料でお茶を作っている、天の製茶園さんのお茶もよく出ております。特に、甘い香りと渋みの少ないまろやかな国産の紅茶「天の紅茶」は、リピーターさんも多いお茶です。ほうじ茶と紅茶の中間のような優しい味わいは、くせになる美味しさ。そのままストレートでも、ミルクティーにしても。

 

f:id:Ach-so-ne:20141019130736j:plain

スタンダードな「天の紅茶」の他にも、「天の上紅茶」、「天のしょうが紅茶」も。

上紅茶は、スタンダードなものに比べ、香りや甘みが強く、紅茶はこれ!というファンの方も。しょうが紅茶は、生姜も、天野さんの農園で無農薬、無化学肥料で作られたものを使用しており、生姜が体をポカポカに温めてくれます。特に女性に人気のお茶です。「天の紅茶」と「しょうが紅茶」は、リーフタイプの他にティーバッグタイプもございます。

天の紅茶 ¥800+税

しょうが紅茶 ¥800+税

天の上紅茶 ¥1,000+税

 

f:id:Ach-so-ne:20141019130944j:plain

そして、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、とらやさんの紅茶羊羹には、「天の紅茶」が使用されております。挽いた茶葉を白餡に混ぜ、煉り上げた羊羹は、色素などを使用せず、紅茶本来の色。豊かな風味と甘みが楽しめます。紅茶羊羹は、この小型サイズのみですが、食べやすい大きさで、購入しやすい価格も魅力(240円+税)です。天の紅茶ファンの方も、ぜひお試しください。

 

 

ーAch so ne- アソネー

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

(札幌地下鉄東西線西18丁目駅下車 4番出口・5番出口どちらからでも、徒歩約5分)

営業中は、こちらの看板が出ています!

f:id:Ach-so-ne:20140604114227j:plain

TEL/FAX 011-676-5008

(お店の場所が判らないなど、お気軽にお電話ください。右横のお問合わせからのご注文もできます。

 

 

 

 

 

 

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。