読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

竹のお弁当箱

f:id:Ach-so-ne:20140916130802j:plain

秋の行楽シーズンに、竹のお弁当箱はいかがでしょうか。竹が、余分な水分を吸収し、通気性もよいので、蒸れたりせずに、美味しくいただけます。

 

f:id:Ach-so-ne:20140916130955j:plain

サイズは、只今3種類。用途によって、お好きなサイズをお選び下さいませ。

小(約11㎝×10.5㎝×高さ5.5㎝) ¥2400+税

中(約16cm×9.5cm×高さ6cm) ¥3600+税

大(約23cm×16cm×高さ7cm) ¥5200+税

 

f:id:Ach-so-ne:20140916130551j:plain

小サイズは、おにぎりが2個入るくらいの大きさです。おにぎりを別にして、おかずを入れても。

 

f:id:Ach-so-ne:20140916131316j:plain

中サイズは、サンドイッチや、小さめのパン、おいなりさんを入れたり。

 

f:id:Ach-so-ne:20140916131539j:plain

大サイズは、お弁当以外にも、お裁縫道具入れや、ハガキの整理、ふきんの収納などに使っても。

 

運動会、遠足、ピクニックにキャンプ、山登り・・・。

お弁当を作る機会が増えそうな秋、竹のお弁当箱は、いかがでしょうか。

岩手県で作られている、鈴竹で編まれたお弁当箱は、使っていくうちに艶も出て、飴色へと変化していきます。

もちろん、お弁当箱以外にも、アクセサリーや鍵などの小物入れや、お裁縫箱、お手紙セット入れ、などなど、使い方は自由です。

どうぞお好きな用途で、育てていって下さいね。

 

 

ーAch so ne-アソネー

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

(札幌地下鉄東西線西18丁目駅下車 4番出口・5番出口どちらからでも、徒歩約5分)

営業中は、こちらの看板が出ています!

f:id:Ach-so-ne:20140604114227j:plain

TEL/FAX 011-676-5008

(お店の場所が判らないなど、お気軽にお電話ください。右横のお問合わせからのご注文もできます。)

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。