読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

竹のかごバッグやお弁当箱などが入荷致しました

岩手県より、すず竹を使った竹製品が届きました

f:id:Ach-so-ne:20140821143427j:plain

おにぎりやおかず、サンドイッチなどを入れるお弁当箱として。アクセサリーを入れたり、鍵などを入れて玄関に置いておく、という方なども。小さなサイズは、おにぎり2個くらいが入る大きさです。

ミニ弁当角 ¥2400+税

弁当長四角 ¥3600+税

 

f:id:Ach-so-ne:20140821143636j:plain

おりぼり入れも届いています。両端の部分をひっかけると、乾かす時や収納の際にも便利です。

おしぼり入れ ¥1100+税

 

f:id:Ach-so-ne:20140821143821j:plain

かごバッグも届きました。マチが狭く、高さもあるので、

普段のおでかけバッグとしても素敵です。

かごバッグ(縦約30㎝・横約30㎝・マチ約10㎝・持ち手含まず)¥9800+税

 

f:id:Ach-so-ne:20140821144219j:plain

お品切れしておりました市場かごも。こちらは、マチもたっぷりあるので、買い物かごとして、お野菜などをたくさん入れたり、お家の中でマガジンラックとして使っても。底に補強の竹も入っているので、ワインなどの瓶などを入れても。

市場かご 尺2寸(縦約24㎝・横約40㎝・マチ約19㎝) ¥6500+税

 

f:id:Ach-so-ne:20140821144407j:plain

左が市場かご、右がかごバッグ。大きさ、マチ、編み方などが異なります。どうぞ、お手に取ってご覧くださいませ。

 

岩手県の、良質な「すず竹」の1年物を使用することと、その竹を手間を惜しまずに編み込むことにより、丈夫で長くお使い頂けるように1つ1つ職人さんが手編みをされています。
素材は、岩手県に自生する「すず竹」で寒冷地に育つ細い竹を使用しています。自生する「すず竹」を使用している理由は、東北の厳しい寒さを乗り越えることにより、強く・粘りのある竹となり、そのため、すず竹で作られた竹細工は、丈夫で弾力があり、ちょっとした衝撃を受けても、しなかかさがあるため、力を逃がしてくれるので、長くお使い頂ける「かご」に仕上がるそうです。
竹は水に強く耐久性にも優れているのが特徴。

使い続けていくうちに、だんだんツヤも出て、飴色になっていくのも楽しみのひとつですね。

手作りの為、数は多くはありませんが、どうぞお手に取ってご覧になってみて下さいね。

 

ーAch so ne-アソネー

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

(札幌地下鉄東西線西18丁目駅下車 4番出口・5番出口どちらからでも、徒歩約5分)

営業中は、こちらの看板が出ています!

f:id:Ach-so-ne:20140604114227j:plain

TEL/FAX 011-676-5008

(お店の場所が判らないなど、お気軽にお電話ください。右横のお問合わせからのご注文もできます。)

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。