読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

福田十糸子さんの”どんぐり”が入荷致しました

福田十糸子さんより、”どんぐり”の小サイズが届きました。

f:id:Ach-so-ne:20130925152429j:plain

今回も、個性的な子がたくさん届きました!和紙の張り子で出来た、起き上がりこぼしの”どんぐり”。日本画の水干絵具で着彩し、仕上げにロウを塗って作られています。

なぜ、頭が金色かですって・・・?それは、宮沢賢治の小説「どんぐりと山猫」を読んでみるとわかりますよ。

 

f:id:Ach-so-ne:20130925145612j:plain

福田さんから届く、包みもいつも楽しみなのです。

大きな、アメちゃん・・・?

 

f:id:Ach-so-ne:20130925151040j:plain

あれっ、中から、たくさんの小さなアメちゃんが・・・。

 

 

f:id:Ach-so-ne:20130925151254j:plain

じゃん!中身は開けてのお楽しみ、という開けるのが楽しい時間でもあります。

どんぐり(小) ¥1,050(税込)

 

今日のアナタ、頭のとんがり具合がサイコーね。

いえいえ、アナタこそ、その富士額サイコーよ。

アナタも、その厚い唇、ハリウッド女優みたい。

 

そんな声が聞こえてきそうな(勝手にそう思っている)、小さな”どんぐり”達による集まり。

造形作家の福田十糸子さんが、宮沢賢治の小説「どんぐりと山猫」に出てくるどんぐりをイメージして、ひとつひとつ、色も形も表情も違う”どんぐり”を作られています。

気が弱そうだったり、親分肌っぽかったり、愛嬌があったり・・・。

みなさん、どの子にしようか悩みながら、お気に入りの”どんぐり”を連れて帰られています。

皆様も、ぜひ、お気に入りの”どんぐり”を探してみて下さいね。

 

福田十糸子さんのswingswingはこちらからもご購入できます↓

http://ach-so-ne.muse.weblife.me/cn37/pg304.html

 

 

今週末で最後になります!荒木農園さんのお野菜の販売。

9月28日(土)・9月29日(日)
ぜひ、お立ち寄りください!

 

webshopはこちらから↓

 http://ach-so-ne.muse.weblife.me/pg130.html

 

Ach so ne-アソネー

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

平日 Open12:00~Closed19:00 

土日祝日 Open10:00~Closed19:00 

TEL 011-676-5008

(お店の場所が判らないなど、お気軽にお電話ください。右横のHPからに移動できます。)

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。