読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

福田十糸子さんの張子の作品が入荷致しました

大阪在住の造形作家、福田十糸子さんの張子の作品、「どんぐり」が届きました!

f:id:Ach-so-ne:20130425154711j:plain

丁寧に紙に包まれているものは、キャンディー…?

 

f:id:Ach-so-ne:20130425162804j:plain

いえいえ、キャンディーではなく、「どんぐり」でした!

 

f:id:Ach-so-ne:20130425165638j:plain

すべて表情が違う「どんぐり」は、福田さんの手から

生まれる、和紙を素材とした張り子の起き上がりこぼしです。

右から、大、中、小と3サイズあります。

 

f:id:Ach-so-ne:20130425170053j:plain

「今日の晩ごはん、何にする…?」

 

「どんぐり」大 2,100円(税込)

      中 1,470円(税込)

      小 1,050円(税込)

 

心待ちにしていた、福田十糸子さんの「どんぐり」。

眉毛がある子、唇が厚い子、目がまんまるの子、自分に似てる子、あの人に似てる子…。色々な「どんぐり」がいます。

造形作家の福田十糸子さんが、和紙を素材に、主に日本画の水干絵具で着彩して作り上げる作品は、小さいながらも、ものすごく存在感のある作品です。

 

もともとは、企画展「どんぐりと山猫」のためにつくられたそうです。

宮沢賢治の作品、「どんぐりと山猫」に登場する、「黄金色の円いものがぴかぴかひかっている」ーそれが「どんぐり」です。

わあわあわあわあ言っている「どんぐり」。

私も久しぶりに「どんぐりと山猫」を読んでみましたが、どこか不思議なお話に、福田さんの「どんぐり」を重ね合わせながら、ついつい笑ってしまうのでした…。

 

すべて、大きさも色も表情も違う「どんぐり」。

ぜひお気に入りの子をお探し下さい。

 

福田十糸子さんの作品はWebShopからもご購入いただけます。↓

 http://ach-so-ne.muse.weblife.me/cn67/pg760.html

Ach so ne-アソネー

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

Open10:00~Closed19:00 

TEL 011-676-5008

(お店の場所が判らないなど、お気軽にお電話ください。右横のHPからに移動できます。)

Web Shopはこちらから↓

http://ach-so-ne.muse.weblife.me/pg405.html

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。