読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ach so ne  (アソネブログ)

札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2Fにて、作家さんの作品を中心にお取り扱いをさせて頂いております。お問い合わせにつきましては、HPお問合わせをご利用下さい。お客様へのお願い(現在、皆様へより快適にお買物をして頂きたく、店内の撮影はお断りさせていただいております。ご協力お願い申し上げます。)www.achsone.jp

tamaki niime(玉木新雌)さんの工房のご紹介

tamaki niime(玉木新雌)さんの工房のご紹介

昨日の続きになりますが、先日玉木さんの工房を訪ねた時の写真をご紹介いたします。

①こちらがショールとなってゆく糸の数々です。写真は、ほんの一部です。

もっと沢山の種類の糸により、玉木さんの感性と手で、ショールとなってゆきます。

f:id:Ach-so-ne:20130410161436j:plain

②こちら写真は、1965年製のベルト式力織機です。ゆっくりと丁寧に仕上がる力職機で、「Only one shawl」がつくられてゆきます。。他にもレピア織機という機械があり、そちらで、「Roots shawl」がつくられてゆきます。

f:id:Ach-so-ne:20130414171808p:plain

③玉木新雌さんのお仕事の様子です。とても真剣な眼差しで機械と対話しているかのように、お仕事をされていました。

f:id:Ach-so-ne:20130410150558j:plain

④機械の後ろ側です。ゆっくりと織られた生地が出てきます。

f:id:Ach-so-ne:20130410160407j:plain

機械は、どれぐらいのスピードがあるのかと思っていましたが、ゆっくりゆっくりと機械の動力を回していました。ふんわりと仕上げるために、手間を惜しまずにつくられていることが判りました。

さらに、糸もデザインを変えるため(同じデザインをつくらないため)に、何度も何度も交換するので、一日に完成するショールも本当にわずかなことも、理解することが出来ました。

生み出されるすべての作品は、2度と出会うことが出来ない作品です。

ぜひ、Ach so neに一度実感して頂きに足を運んで頂けたら嬉しいです。

お待ちしております。

 

宜しければ、昨日のブログも参考にして下さい。↓

http://ach-so-ne.hatenablog.com/entry/2013/04/13/162654

 

Ach so ne-アソネー

札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

Open10:00~Closed19:00 

TEL 011-676-5008

(お店の場所が判らないなど、お気軽にお電話ください。右横のHPからに移動できます。)

Web Shopはこちらから↓

http://ach-so-ne.muse.weblife.me/

 

f:id:Ach-so-ne:20130608104746j:plain

展示会の情報はこちらからどうぞ↓会期2013.6/15(土)~6/23(日)

http://ach-so-ne.hatenablog.com/entry/2013/06/07/101301

弊社ブログ・HPなど弊社が管理している、掲載される文章および画像、ウェブデザイン、コンテンツ等を無断で転用、転載、改変すること。またそれにより利益を得ることは禁止事項となっております。